小路沿いのポーチ

角地に立地する住宅の改修。

周囲は、宿泊施設、マンション、公園、神社、商店などが建ち並ぶ。

改修前の外観は、リシン吹付の立方体。簡素な佇まいだが、公園に続く小路に面するポーチが目を引いた。

外壁、ポーチ壁面をタイル貼として重厚感、新設外灯で暖かみを演出。

既存建築、ポーチが持っている、周辺環境から一呼吸置く佇まいを強調することで、雑多な環境での、穏やかな暮らしを提案。

玄関扉、キッチンカウンター交換、家具工事、雪庇受けの新設など、既存建築の状態を読み込み、必要な改修も行った。

竣工:2022年8月

計画地:北海道旭川市

用途:個人住宅(改修)

構造:木造

施工:京田組

※大野 仰一 / 大野建築計画研究室 と共同設計

© 2022 watanabe takuya architects