薪束バードハウス

東川町バードハウスデザインコンテストの提出作品。

 

東川ならではのバードハウスを思い描きながら構想。

街中を散歩していると、建物の周りに薪がたくさんあることに気づく。

棚に薪を積み重ねていたり、薪束を並べていたり、薪がある暮らしは東川の風景ともいえるだろう。

そんな風景そのものが、バードハウスにならないか。

日々使う薪、余った薪で。工具不要、束にするだけで、誰でもつくれるバードハウス。

野鳥が巣立った後は、薪をストーブに使う。土に戻すことだってできる。

日々の暮らしで使う薪、薪束に、気づいたら野鳥がいた。無理に招き入れることもなく、いつのまにかそこにいる。

人と野鳥の素朴な関係をつくりたいとも考えた。

製作は自分で。

簡単にできると思っていたが、薪をベルトのみでまとめること、中に空間をつくることに四苦八苦。

コンテストに無事提出したものの、結果は落選、、、またチャレンジするかも。

製作:2022年1月

材料:薪、ラチェットベルト

© 2022 watanabe takuya architects